キャバクラ店長

男性が風俗でお仕事をするという場合、キャバクラ店長というのもありです。お店の経営だけではなく、男性スタッフ、女性スタッフの管理も業務に含まれます。他の店舗経営と大きく違う点は女性スタッフについてよく知る必要があるということです。キャバクラの店長の業務にはつけまわしと呼ばれる仕事があります。

このつけまわしという仕事は来店された男性のお客様のタイプに合わせて女性スタッフを席に着かせるというものです。このため、女性スタッフの特徴を事前によく知っている必要があるのです。また、女性スタッフの管理の上手さでお店の売り上げが左右されます。うまく管理をおこなえば女性スタッフのモチベーションがあがりお店の売り上げも上がることにつながるのです。

また、風俗業化の入り口としてキャバクラは働きやすい仕事です、18歳以上ならすぐにお仕事をスタート出来きることや学歴、職歴、資格取得などがネックになりなかなか仕事をありつけないという人たちへの間口も広いです。

店長になるためにはボーイからはじめてキャリアアップする場合と、はじめから店長として働きはじめる場合があります。ボーイから始める場合の給料は深夜の飲食店と大差ない金額ですが、店長クラスならば、月収はなんと約50万~100万を稼ぐこともできるのです。

Comments are closed.