カテゴリー: 未分類

男性が風俗でお仕事をするという場合、キャバクラ店長というのもありです。お店の経営だけではなく、男性スタッフ、女性スタッフの管理も業務に含まれます。他の店舗経営と大きく違う点は女性スタッフについてよく知る必要があるということです。キャバクラの店長の業務にはつけまわしと呼ばれる仕事があります。

このつけまわしという仕事は来店された男性のお客様のタイプに合わせて女性スタッフを席に着かせるというものです。このため、女性スタッフの特徴を事前によく知っている必要があるのです。また、女性スタッフの管理の上手さでお店の売り上げが左右されます。うまく管理をおこなえば女性スタッフのモチベーションがあがりお店の売り上げも上がることにつながるのです。

また、風俗業化の入り口としてキャバクラは働きやすい仕事です、18歳以上ならすぐにお仕事をスタート出来きることや学歴、職歴、資格取得などがネックになりなかなか仕事をありつけないという人たちへの間口も広いです。

店長になるためにはボーイからはじめてキャリアアップする場合と、はじめから店長として働きはじめる場合があります。ボーイから始める場合の給料は深夜の飲食店と大差ない金額ですが、店長クラスならば、月収はなんと約50万~100万を稼ぐこともできるのです。

風俗業界では女性が主役で、男性が脇役というイメージがありますが、風俗には、男性が主役に立つことが出来る舞台も存在しているのです。さらに男性の場合、女性以上お金を稼ぐことが出来ることも可能です。そのジャンルはホストです。

ホストの仕事とは、女性のお客様の相手に接客を行うものです。お酒の場であるため、話を盛り上げることや、お酒をつくること、煙草に火をつけるなどのしぐさをスマートにこなすことが必要です。接客をしているお客様が居心地よくお酒を飲み会話を楽しめるように常に注意を払い行動します。

ホストという仕事は、入り替わりが激しいお仕事であります。働き方としては短期間だけ働くこともできるお店もあります。お金を稼ぎたい場合には、長く働き、現場で経験を積むことやノウハウを学ぶ必要があります。華やかなホストの世界はひたむきに成長して行く努力をしていかなければいけません。

ホストの給料は、基本給+歩合制というのがほとんどです。店で働く時間はサラリーマンとして働く人々と比べると半分の時間くらいです。しかし、人に気を配ることや自分自身もお酒を飲む仕事であるため体力や気力を使う仕事です。歩合制だけのお店の場合、給料は同僚の間でも大きく変わります。歩合の仕組みとしてはお客様をお店に呼んで、女性の方が飲んだ代金が、担当ホストの売り上げにカウントされ何パーセントかが給料に上乗せされる仕組みが一般的です。

風俗業界で働く場合給料面について考える方が圧倒的に多いでしょう。確かに風俗求人をみると男性、女性のどちらにしても給与面はとても良いです。風俗業界は特殊な世界のようなイメージもありますが、他の仕事のノウハウを活かせることや、反対に風俗業界のノウハウをつかんでほかの仕事に活かせるといったこともあります。

風俗求人を見る際に、男性が働くジャンルと女性が働くジャンルは大きく違うため、仕事内容も大きくかわります。男性の仕事内容自体においてもさまざまなタイプのものがありため、風俗業界で働く場合はそのような仕事がやりたいのかを明確にしておくといいでしょう。

また、ジャンルを絞らずにさまざまな風俗求人を見ておくことで自分にとって新しい選択が生まれることもあります。まずは男性が働く風俗業界としてはどのような仕事があるのかを知ってみてはいかがでしょうか。

また、風俗業界は幅広いため、現在働いている方も別ジャンルでの仕事が見つかるかもしれません。働き方や給与条件の違いもあるため、どのようなタイプの仕事が自分に合っているのかを頭の中でイメージしながら風俗求人を利用してみることをおすすめします。また、同じ職種でもお店によって異なる点があります。このため、風俗業界の求人はより多くの情報を仕入れるようにしましょう。まずは男性が働く付属業界にはどのような職種があるかをご説明します。華やかな表舞台に立つタイプとしっかり組織を支えていくタイプの仕事が存在しているのです。